九州新幹線の今

みなさん、こんにちは!西★鉄男です。

大変ご無沙汰してしまいました。

4月に熊本で大きな地震があり、心を痛めておりましたが、先週、
九州新幹線の博多ー鹿児島中央間に、地震後初めて乗ってきました ので、簡単にレポートします!

博多駅11時28分発「みずほ605号」で出発。

DSC_0145 (1)

ご存知の通り、九州新幹線は途中徐行区間があるため、臨時ダイヤで 運転されています。

熊本が近づくにつれ、目に見えて速度が落ちてきました。
各所で、屋根にブルーシートがかけられた住宅が散見されます。

8L2A4846 (2)

8L2A4848

被災された方々には、謹んでお見舞い申し上げます。

熊本総合車両所の横も徐行で通過。

8L2A4851 (2)
カーブに差し掛かると、車両の傾きが顕著になります。

「徐行運転のため、車両が傾きますが、安全ですのでご安心ください」 とのアナウンスも。

8L2A4855
普段なら、時速200km以上で通過できるように設計され、線路にカント(注) がついているので、このようになるのでしょう。

(注)カントとは・・・軌道や道路の曲線部において、外側のレールまたは
路面を内側より も高くすること、またはその高低差のこと。

いつも何気なく乗っている新幹線も、高速運転のためには車両の性能 だけでなく、こうした地上設備も整ってこそということを改めて 実感しました。

わずかな期間で、ここまで復旧させた関係者の皆様の努力には、本当に 頭が下がる思いです。

西鉄旅行では、今後も九州新幹線を使った新商品を続々発表の予定です。
お楽しみに!